エロは世界を救う!性欲パワーに満ち溢れた風俗アベンジャーズ(独身)らが、全国各地の風俗店をめぐり、そのリアルな感想を綴ります。

menu

性欲アベンジャーズの性風俗体験談

日本最後の秘境と噂高い飛田新地に突入した話

日本最後の秘境と噂高い飛田新地に突入した話

飛田新地での遊びで失敗しない為に考えていた事

大阪旅行の際に飛田新地へ行った話です。
以前からいつかは行ってみたいと思っていました。
しかし私は東京暮らしの為にそう頻繁には行けません。
それでも失敗だけはしたくないと思い事前に下調べをして、
下記を念願に置くように心がけました。

【17時には飛田新地に到着する】
飛田新地は17時前後で午前の嬢と午後の嬢が入れ替わるとの情報がありました。
どうせなら仕事開始直後で疲れてない元気いっぱいの嬢と遊びたいと思いましたので。

【僅かでも股間に響いた女性がいたら即突入】
気に入った嬢を見かけたが他の嬢の様子見をしている間に他の客が入っていて
待つ羽目になった。そんな話をよく見かけましたので。

【やり手ばあさんと雑談をしている嬢は狙い目】
そんな事が出来る嬢はある程度飛田新地での生活に納得していると思われるから。
嫌々働いてる嬢は絶対そんな事はしないでしょう。
そしてそんな嬢はサービス地雷の可能性が高そうなので。

【笑顔は当然で客に対して手招きするような嬢も狙い目】
前述と同様の理由からです。
商魂逞しさが見える嬢の方がサービスは良さそうですから。

あべのハルカスから飛田新地方面へ移動しました。
そして道路沿いを歩いていたのですが・・・

長い坂に差し当たった辺りで「明らかに周りから音が消えた」のです。
住宅街もあり、車もほとんど通っていなかったからかもしれませんが。
しかしその後、隣接するアーケード街が見えてきた辺りから
「明らかに空気」が変わりました。
不気味と言うか神秘的と言うか重苦しいと言うか・・・
上手くは言えないですが、普通じゃありません。

それでも私にとっては不快では無く、
むしろこの後に展開される非現実的な世界を匂わせるようで興奮しましたw

そして飛田新地ゾーンへ突入。
後に知ったのですが私が入った場所は裏口で、ちゃんと表側の入口が別にあったみたいです。

いきなり飛田新地の当たり嬢を引いてしまった

正直驚きましたね。
1件目からいきなり上玉が登場しました。
「ついさっきまで舞台の上でセンターを張ってました」
と言われても納得出来てしまうくらいです。本当に。
飛田新地の青春通り、レベルやばいです。
当然”股間に響いた”ので即突入します。

直接は聞かなかったのですが、嬢の歳は20代前半ですね。間違い無く。
この嬢を以後Aちゃんと呼びます。
Aちゃんと2階のプレイ部屋へ向かい、お互い全裸となります。
仰向けに寝るよう促され、股間をウェットティッシュで拭かれます。
下調べによると青春通りの嬢はゴムフェラが多いとの事ですが、
このAちゃんは生フェラでした。
フェラをしてもらっている最中にそーっとAちゃんの胸を揉み、
続けてアソコに触れます。
何かを仕込んでいるのだと思いますが、濡れていました。

そしてゴムを装着し騎乗位で挿入。
ピストン中にAちゃんの顔が近くにきたのでキスをすると、
舌を絡めてくれました。
その後は私も下からガンガンに突きあげて、無事に射精。

プレイ後にAちゃんに聞きましたがやはり青春通りは
基本はゴムフェラ。
Aちゃんは問題無いとの事ですが、胸タッチ・アソコいじり・キスは
NGの子が多いとの事です。

そして15分が過ぎて店を後に。
(やり手ばあさんからペロペロキャンディを受け取りましたよw)
Aちゃんは飛田新地の中でも、おそらくかなりの当たり嬢だったのではないでしょうか。

その後は飛田新地ゾーンにあるたこ焼き屋「あっちち本舗」でしばし休憩。
元々、ハシゴするつもりではあったのですが少しだけ間を置きたいですw

我が息子の復活を確認し、飛田新地巡りを再開します。
(と言っても1件目は巡る前に突入してしまいましたけどね)

巡ってみて改めて思いましたが、本当に可愛い子しかいませんね。
目に入る女の子と全員Hが出来ると考えると、
桃源郷という言葉もあながち言い過ぎでは無い印象です。

そんな中でやり手ばあさんと一緒に満面の笑顔を浮かべながら
一緒に手招きするBちゃんと出会いました。

BちゃんはAちゃんよりは年上に見えましたが、やはり20代前半でしょう。
モチロン突入です。
Bちゃんは青春通りに於ける基本的な嬢でした。
胸タッチOKかと確認すると「だぁめw」との事。
それでもゴムフェラでの動きはかなり激しかったですし、なにより可愛い。
ゴム装着後は正常位でフィニッシュしました。

いやー、とても楽しかったです。
飛田新地での遊びはコスパを考えるとかなり高い部類に入ります。
それでも、あれだけのビジュアルを持った女の子とH出来る事を考えると
一考の価値ありです。

何にせよ、男なら一度は行くべきですwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031