エロは世界を救う!性欲パワーに満ち溢れた風俗アベンジャーズ(独身)らが、全国各地の風俗店をめぐり、そのリアルな感想を綴ります。

menu

性欲アベンジャーズの性風俗体験談

大阪の裏風俗、松島新地で小柄な茶髪ギャルのパイパンを堪能

大阪の裏風俗、松島新地で小柄な茶髪ギャルのパイパンを堪能

今年は大阪でG20がありましたが、この直前に私用で大阪に行きました。用事が済んだあと、大阪市にある松島新地に行ってまいりました。松島新地は飛田新地などと同じ裏風俗で、店先で実物の女の子を見て選んで入店します。飛田新地が1つの店で1度に見れる女の子は1人であるのに対して、松島新地では複数人から選ぶこともよくあります。この点は飛田新地よりもかんなみ新地が近いかと思います。

 風俗店の多くは店先に看板があります。松島新地でも、お店の名前が書かれた看板が並んでいますが、路上に置かれているものはなく、白い正方形の看板に店舗名が記されているだけのものがほとんどです。

・店舗名:忘れた
・プレイ時間:30分
・費用:16,000円

 最寄り駅は大阪市営地下鉄中央線の九条駅と阪神電鉄阪神なんば線の九条駅です。
 プレイスタイルは(ゴム)フェラ+合体で、30分で射精までいき、終わりとなるシンプルなものです。飛田新地やかんなみ新地とは違い、シャワーを浴びれるお店も多いですので、夏場に歩き回って汗をかいても、あまり気にしなくてもいいのがありがたいです。

松島新地の浴衣美女とチョメチョメした話

この日も、まず一周ぐるっと回ってどんな子がいるか確認します。気になる子が何人かいたらその子たちを中心に2周目を回りました。ただ、かんなみ新地と違い、一周するのに少し時間がかかります。そのため、1周目で見つけた女の子を他のオスに取られたり、場所が分からなくなったりすることも多々ありますし、今回もそういうことがありました(笑)。

そうは言いつつも、茶髪の小柄なギャルがほほ笑んでいたのでその子にしました。
彼女に本日のヤリ部屋へと案内されました。部屋はカーペット敷きで、奥にせんべい布団と小物類が置かれており、手前にはちゃぶ台がありました。彼女の時間を聞かれ30分でお願いしました。代金16,000円を彼女に渡すと、彼女は一旦部屋から出ましたので、自分はさっさと、パンツ一枚になりました。さすがにフルチンで待つのもあれですし。

 彼女が戻ってきたらパッパッと服を脱がせました。彼女はパイパンで今すぐ押し倒したかったのですが、シャワーがいいと言われました。

バスタオルで股間を隠しながらシャワールームへと向かいます。シャワーで体を洗ってもらいました。彼女はおっぱいこそ小ぶりですが凄く綺麗で、顔も体も凄く魅力的でした。体も主に股間を洗われるわけですが、それだけで勃起してしまいました。洗体が終わったら先に部屋に戻りました。お茶を飲みながら待っていると、彼女がバスタオルをカラダに巻いて戻ってきました。

待っている間に股間は少し落ち着きましたが、半立ち状態です。

寝床に仰向けに寝転ぶと、彼女がウェットティッシュでおちんちんと体を拭いてくれました。そして、彼女は覆い被さって乳首を舐めつつ、彼女は手でおちんちんをしこしこしごいてくれました。すでにカチカチのおちんちんにコンドームを装着しフェラをしてくれました。

「どっちが上が良い?」と聞かれたので、「僕が上になる!」と言ってツルツルパイパンに正常位で挿入しました。目を閉じながらも僕の突きに反応している彼女の控え目な喘ぎ声とおちんちんが彼女の膣内をかき混ぜる際に発する水音を堪能しました。

 小柄な茶髪のギャルに覆い被さって必死になって腰を振りました。彼女の茶髪からはいい匂いがしてそれがまた良かったです。

激しく突いたり、逆にゆっくり突いたり、彼女の反応を見つつ味わいました。最後はしっかりコンドームの中に精液を放出できました。本当は彼女の粘膜をじかに自分の精液で染め上げたかったですが仕方ありません。大満足の風俗遊びでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930